Loading...

会社情報

DXに関する取り組み

当社におけるDX

近年、ビッグデータ、AI、IoT、クラウド、AR、VRの活用や、Eコマースの拡大など、デジタル技術の進歩と発展により、ビジネス環境も大きな変化をしており、それらの活用も拡がっております。このような環境の中、半世紀にわたり半導体・電子部品・電子機器の販売、製造、設計開発を行うミタチ産業グループは、デジタル領域に係わる商材の販売や技術の活用を継続的に行っておりますが、今後、様々なデジタル技術を積極的に取り入れる事で、更なる商材の拡充や、業務の方法、販売やサービスの方法、プロセスの変革をすすめ、当社の経営理念である「創造的革新」により、組織や企業文化の変革を絶え間なく行い、引き続きお客様の満足を追求してまいります。

DX推進方針

ビジネス環境の変化や機会を継続的かつ確実にとらえ、当社グループの付加価値を継続的に向上させるため、グループのDX方針を「ミタチ産業グループの競争上の優位性の確立を主たる目的とし、リアルのサービス力とデジタル技術(クラウド、モビリティ、ビッグデータ、アナリティクス、ソーシャル)の相互活用により、新たなサービス、製品の創出を行うとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化の変革を行う」と定め、さまざまな取り組みを実行してまいります。

代表取締役社長 橘 和博

DX施策

DX施策

オムニチャネル

自社ECサイトやデジタルを活用したサービスと、リアルのサービスを融合し、お客様への付加価値向上を目指します。

新規事業・商材創出

IoTプロダクトやシステムの提供など、デジタル技術を利用した商材とサービスの拡充、拡大を図っていきます。

システム基盤強化

当社グループの長期的な戦略と連動した基幹システムの構築と、維持・管理をすすめていきます。

セキュリティ向上

グループ従業員がセキュリティ知識を高めるとともに、正しい情報の利活用を行っていきます。

IT人材 育成・採用

変化するIT技術を活用するため、ITリテラシーの向上や、IT人材の育成や採用を行っていきます。

タレントマネジメント

ITシステムを活用し、従業員のスキルの把握、成長機会の設定、最適配置化をすすめていきます。

業務改革・生産性向上

ビジネスプロセスの抜本的な見直しや、業務分析と改善を進めるとともに、組織や文化の変革をすすめていきます。

DX推進体制

ミタチ産業グループのDX推進のため、代表取締役社長 橘和博を推進オーナーとし、中期DX計画MDX2025(MITACHI DX 2025)を制定するとともに、「デジタル推進室」を新設し、システムの開発・保守運用を担当する「情報システム課」をはじめとする各部門の参加のもと、デジタル・トランスフォーメーションをグループ全社で進めて参ります。

DX推進体制